比良 紅葉の蛇谷ケ峰 ’13.11.16

 奥比良の雄である蛇谷ケ峰(901.7m3等三角点)へ紅葉を楽しもうと出かけましたが、稜線ではほぼ終わっていました。しかし、シロモジだけはまだまだ沢山の黄葉が見られました。今回は樹木観察中心のレポをしましょう。

         
 天狗の森先より武奈や釈迦    反射板北より目の前の蛇谷ケ峰    いつ来ても蛇谷ケ峰は静か

 奥深い山中にはまだまだ紅葉がこれからのような、こんな景色にももうっとりでした。

         

 

         

 さぁ、樹木あれこれのページを開きましょう。多すぎてうんざり~・・・、でもこれはほんの一握りの種、樹木は山野草よりずっと多種でしょう。。。まずは果実類をつけ残っている種からです。以下の画像はクリックして拡大画像やコメントが見られます。

  カナクギノキ(クスノキ科)   ミズメ(カバノキ科)
  オトコヨウゾメ(スイカズラ科)  ヤブムラサキ ムラサキシキブ   ソヨゴ

 紅葉主体の葉の観察をしましょう。一番最後の写真にある8種をご覧いただきお遊びください。ただし、その内の3種だけはこのページの中にヒントはありませんので・・

 ウリハダカエデ  右の葉←、左は→ マルバマンサク  コミネカエデ   拡大  タカノツメ
 拡大  コハウチワカエデ  拡大  コシアブラ  拡大  コアジサイ
 拡大  シロモジ  拡大  カナクギノキ 拡大  その樹皮 
 カマツカ  アカシデ  拡大と冬芽  ウリカエデ  オオウラジロノキ その葉裏 
 フサザクラ  拡大裏と表  イタヤカエデ チドリノキ   アブラチャン  さぁ何でしょう?

 ホームヘ